無料 今すぐ登録!

  • 資産繰りサポートツール
  • あなたの相続に関するお悩みを解決いたします-e-book-
  • メールマガジン配信中

個人のお客様

相続・事業承継

相続対策・事業承継・贈与をお考えの方

  • 相続税を払うことになるのだろうか?
  • 贈与税はいくらになるのだろうか?
  • 皆さまの不安を解決します!

相続が発生してしまったとき

相続が発生してしまったとき、悲しみと同時に いろんな不安が押し寄せてきます。
相続とはどのように行えば良いのでしょう?
あなたの悩みを解決します!

まずはここをクリックしてください!!>>

確定申告

確定申告とは

所得税の課税対象は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得です。
その年中の所得について確定した金額を計算し、その所得金額に対する税額を算出して原則として翌年の2月16日から3月15日までの間に申告と納税をすることになっています。この申告を確定申告といいます。

代表的な所得は以下のようなものがあります。

・不動産を売却された方(譲渡所得)

土地や建物を売却された方は、売却益が生ずる場合には必ず申告が必要となります。
この税金は、物件の売却額によっては多額になる場合があり、一方で、税務上の特例制度も数多くあるので、まずはご相談ください。

・個人事業を営んでいる方(事業所得)

事業を営んでいる方は、原則として確定申告しなければなりません。月々の経理処理のやり方は、取引規模の違いはありますが、基本的には法人と同じです。税理士に依頼するか否かは事業規模によります。規模が小さい場合は、経理処理から申告まで、経営者の方がご自身で出来る場合もあります。

・賃貸収入のある方(不動産所得)

不動産収入のある方は原則として確定申告をしなければいけません。不動産に関する経理処理の仕組は基本的に単純ですが、消費税や、不動産の持分が入り組んでいると、結構面倒な作業になるので、その場合は税理士に頼むケースが多くみられます。

・その他(医療費控除・ローン控除)

医療費控除や住宅ローン控除は、もちろん税理士に依頼することも可能です。

▲ページトップにもどる

無料相談受付中 こちらから